動物のおしごと

おしごとファイル

グルーミングサロン&
ペットホテル経営
殖栗(ふえぐり)由美さん

結婚26年。同い年の主人、25才と21才の娘と、主人の母との5人暮らし。いけない、他にも大事な家族がいました。トイプードル2頭、ワイヤーヘアードフォックステリア1頭、ミックス犬1頭です。犬猫大好き、人間も大好き。家族や友人達とワイワイするのが大好き。旅行も大好き。小学生の時はバレリーナに憧れ、レニングラードバレエ団の日本公演時に子役として出演し、ミハイル・バルリシニコフと同じ舞台に立った経験もあります。人と人とのご縁を大切にしたいと思っています。

1977年 シブヤカレッジ(現ヤマザキ動物専門学校)卒業

現在のお仕事についてお聞かせ下さい。

現在は港区で、犬猫のグルーミングとケアを行う「白金グルーミングサロンGRIMM(グリム)」とケージレスのペットホテル「高輪ケーナインホテル」を経営しています。

白金グルーミングサロンGRIMM


高輪ケーナインホテル

 

アースリーフ」というナチュラルケアー用品発売元もしており「ぽちのしあわせ」「ペピィ」「アイケント」などでも取り扱って頂いております。

アースリーフ

 

現在「白金GRIMM」のスタッフは全部で6名。全員がグルーマーの資格と動物衛生看護士の資格を持っております。

白金は近年のマンションラッシュにともなって、ご夫婦とも働きながら若くしてご自宅を持たれた方や、リタイアされて悠々自適に暮らす方などが住まわれるようになりましたが、そうした方々の多くはペットを自分のお子さんの様に思い、家族の一員として暮らすというライフスタイルをお持ちです。
そのため白金にはペット関連のショップがとても多く、また、それぞれのショップが、珍しい犬種を扱うとか、おしゃれさを追求するとか、様々な特色を持っています。
その中で、私たちは飼い主様お一人お一人のために、グルーミングだけではなく、ケア全般のお手伝いをする場所でありたいと願ってこのお店をオープンさせました。
2000年のオープン以来、今も日々気持ちを新たにしながら毎日がんばっています。

殖栗さんはどのような経緯でこのお仕事に進まれたのですか?

高校を卒業するとき、進路についてさんざん悩みました。小さい頃から動物は好きだったのですが、獣医になるのは大変だし。
そんな時、集めた学校案内を見ているうちに、グルーマーという新しい職種が目に入り、瞬間「これだ!」とひらめきました。
両親は大学進学を望んでいましたが、父が、女性も資格と仕事を持つべきだという考えの持ち主で、最終的に私の決断に同意してくれ、グルーミングの専門学校に進むことに決めました。
「好きなことが仕事になる」というのがとても嬉しかったです。
仕事をする上で必要な技術のほとんどは学生時代に教わりました。
グルーミングは皮毛を整理整頓することが大切「テリアなど、犬種によっては『グルーミングしました』という形になったら、それは失敗」など、仕事の場面場面で、先生の言葉を思い出します。
「繁殖学」の授業も夢中で聞いていた授業のひとつですが、初産を経験した犬は女っぷりが上がるといった印象的なお話、学生時代にはピンと来ませんでしたが、実際に毛ぶきがよくなり、体調が良くなった初産後の犬を間近に見て、先生のお話に、時を越えて納得しました。
学校で習うことは、仕事をするようになって更に理解が深まっていくものなんですね。

卒業後は、渋谷のデパート内のペットショップに就職しました。そこで一年間グルーマー社員として勤め、初めてペットクリップを学びました。その後、フリーとして独立し、自宅でグルーミングの仕事を始めました。
送迎から、シャンプー、カット、ケア全般、すべて一人でがんばっていましたが、2年目に「銀座のグルーマー1号」になりませんか?とデパートからお話しがあり、デパートのリニューアルと同時にペットショップのグルーミング主任を務めました。
銀座という場所柄、渋谷や自宅で営業していた時とは、犬種も違い、経験したことのない犬種にたくさん出会えました。当時は珍しかったプーリーやワイヤーヘヤードダックスやアイリッシュセッターなどのカットを依頼された時は、学校に電話をかけ、先生に相談したり、ブリーダーさんに直接伺ったりしてカットしたりということもありました。本当に良い経験をさせていただいたと思っています。

その後、ご自分のお店を開店なさったということなのですね。

いえ、実はその後、子育てのために10年間仕事から離れていました。
自分がグルーマーだった、ということも忘れてしまうほど仕事から遠ざかっていました。
ところが、ある日「そろそろお仕事をお願いできますか?」と昔のお客様からご連絡をいただきました。とても迷ったのですが、思い切って再開し、今日に至ります。 あの電話がなければ今の私はありません。振り返ってみると、人のご縁に恵まれて今日までやってこられたんだなと、感謝せずにはいられない気持ちになります。

でも、再びグルーミングの仕事を始めて、犬のケアのために、とても気になったことがありました。
昔に比べて、アレルギーの犬が多くなっていたことです。10年前にもアレルギーの子はいましたが、数があまりにも増えていました。
理由はいろいろあるのだと思いますが、私には、既成のドッグフードが中心になっている食生活のことが気になりました。昔はドッグフードではなく、人間の残飯を食べていましたよね。人の食事に大量の防腐剤や添加物は入っていません。
とは言え、今、残飯を与えてください、というのは難しいですし、一方で塩分や糖分が多すぎるという心配もあります。
2年間、私なりに、防腐剤のこと、栄養のこと、色々と研究し、信頼のおける方のお力をお借りしながら、安心しておすすめできるペットフードを探して、店で扱うようになりました。
店に並んでいるフードやシャンプーはもとより、ケアグッズや首輪などの雑貨類も全て私がこだわりを持って探したもので、本当におすすめできるものばかりです。
私を信頼してご来店くださるお客様に、できる限り質の良い商品やケアを提供したいというのが開店以来の私の願いです。

その中で開発されたのが「アースリーフ(純天然植物性抗酸化酸素水)」なのですね。

そうです。アースリーフは、自然素材だけを使ったスキンケア商品です。皮膚の保護、ケアにはもちろんですが、意外なところでは、食品の鮮度保持にも使える水で、私自身が抗酸化天然水に惚れ込んで、是非ペットケアにも役立てたいと思い、メーカーの方とご相談して「アースリーフ」として商品開発していったものです。
ケミカルなものが入っていないので、即効性には欠けるかもしれませんが、長く使って頂くとその効果がじわじわとわかってくるという商品です。おかげさまで、継続してお使い頂くお客様が増えてきています。
また多くのショップ様や、通販店様からのご注文も増えつつあります。
ペットにだけではなく、飼い主様ご自身がお肌の手入れや飲料水としてご愛用くださる方も少なくありません。
天然素材だけのものですから、アレルギー体質の方にも安心して使っていただけるのです。
「アースリーフ」をベースにしたデンタルジェルやアイローションといった新商品も開発しました。今も新商品を開発中です。商品ラインナップを充実させていく姿勢も評価していただけているようでとても嬉しく思っています。

今後グルーマーの道を歩みたいと思っている方へのアドバイスをお願いします。

私は学生時代は、どちらかと言えば、勉強よりは楽しいことが好きで、いわゆる「優等生」ではありませんでした。
自分が興味のあることをやりたいというタイプでした。基本的には今もその姿勢は変わっていないかもしれません。
でも、興味のあることには、信念を持ってとことん打ち込んできました。知れば知るほど、たくさんの知識が必要になってきます。時には、化学や生物学などの周辺知識も必要になってくることもあります。そういうときには、学生時代には全く興味のなかった専門的なことも熱心に調べるようになりました。
知りたいこと、やりたいことがある時は、恥ずかしがったり面倒くさがったりせず、遠慮せずにどんどん聞いて学ぶということが大事です。聞いて学び、またわからなくなったらまた聞いて、という繰り返しで良いのです。
ただし、そこで重要なのは、受け身で学ぶのではなく、自分自身の知識を意識的に広げようとする努力です。
どうか皆さん一人一人、自分の「知識の引き出し」をたくさん作ってください。

それから、グルーミングしていると、充分にケアされていないペットや、しつけのできていないペットに出会うことがあります。家族同様のケアができていない飼い主様には、単純にやり方がわからないという方もいれば、別の理由の方もいます。お客様の身になってペットのケアのご相談に乗りたいという気持ちでお客様とお話しするのが大事ですね。信頼していただき、ペットのことなら何でも相談していただけるようになることです。こういう気持ちがないと、お店を続けていくのは大変だと思います。
うわべの知識や技術ではなく、本当に良いものをどこまでも追求していくという、明るく元気でねばり強い好奇心を持っていただきたいと思います。

私自身もまだまだ勉強しなくてはと思っています。総合的なペットのコンサルタントになりたいと思っています。実際、ペットの為のリフォームについてのご相談を承ったりという機会も生まれてきたりしています。
仕事は何でもそうだと思いますが、自信の源泉は実体験です。一回でも多く現場での経験を積むこと、これが自信につながります。
学校の授業、研修、就職してからの経験、全てを大切にし、感謝を持って過ごしていただければと思います。


「グルーミングサロン・グリム」
「ケーナインホテル」
grimm@dog.email.ne.jp
記事をお読みになり、興味を持って下さったみなさま、遠慮なく「白金グルーミングサロンGRIMM(グリム)」に遊びにいらしてくださいね。

 

ページ上部に戻る