JAHTAについて

協会のあゆみ

前身の日本動物衛生看護師協会は、イヌのグルーマー(美容師)や動物の看護師という職業がまだ社会的認知を得ていない時代に、ヤマザキ学園を巣立っていく卒業生を支援し、職域を確立するために、1967(昭和42)年12月山崎良壽氏により設立されました。

ヤマザキ学園と共に発展を続けてきた40年の歴史の中、同協会は

の資格認定とライセンス取得者に対する学会・セミナー等の提供及び動物愛護に関する啓発活動を行ってきました。

2006(平成18)年1月17日、本協会は東京都知事から認証されたNPO法人として新しい歴史を刻むことになりました。

 

1967年12月
シブヤ・スクール・オブ・ドッグ・グルーミング」開校に伴い、「日本動物衛生看護士協会」設立。山﨑良壽氏が初代会長に就任。
1968年3月
第1回「プロフェッショナル・ドッグ・グルーマー」ライセンス検定試験を実施。
1981年3月
第1回「アニマル・テクニシャン」及び「コンパニオン・ドッグ・トレーナー」ライセンス検定試験を実施。
1984年3月
アニマル・ヘルス・テクニシャン」にライセンス名を改称。
1990年10月
初代会長 山﨑良壽氏逝去。新会長に山﨑薫氏就任。
1991年3月
ペット・グルーミング・スペシャリスト」にライセンス名を改称。
1995年3月
ベタリナリー・テクニシャン」第1号認定
2006年1月
NPO法人として認証される。

ページ上部に戻る