JAHTAについて

プライバシーポリシー

「個人情報の保護に関する法律」施行に伴うJAHTAの取り組みについて

「個人情報の保護に関する法律」が平成17年4月1日より全面施行されました。
この法律に関するJAHTAの取り組みをお知らせしますので、よろしくお願いいたします。なお、ご不明な点は事務局までメールフォームにてお問合わせください。

  1. 個人情報の考え方
    JAHTAは個人情報の取り扱いについて、プライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払います。
  2. 個人情報の利用目的と収集について
    JAHTAが保有する個人情報は、原則として以下の目的に限って利用します。
    • 個人の特定
    • 個人の属性の統計的調査
    • 関連情報の配布
    これらの目的以外に使用する場合には、事前にそれぞれ了解をいただくこととします。
  3. 個人情報の収集について
    JAHTAは、個人情報の収集にあたっては、適法かつ公正な手段により行ないます。具体的には以下の方法によります。
    • 会員に関する個人情報について
      会員に関しましては、入会申込書記載事項を情報源とします。
    • 会員以外に関する個人情報について
      会員以外に関しましては、資格試験等、JAHTA主催事業への参加申込書記載事項および社会に公表または周知の事項、ならびに、本人から許諾のあった事項のみを情報源とします。
  4. 個人情報の管理・保護について
    JAHTAでは個人情報の管理を責任を持って行い、外部への流出防止に努めます。また、外部からの不正アクセスまたは紛失、破壊、改ざん等の危険に対しては、適切かつ合理的なレベルの安全対策を実施します。
  5. 個人情報の開示、提供について
    JAHTAは保有する個人情報を以下の2項目を除いて個人の同意なしに第三者に開示・提供することはありません。
    • 発送業務等の外部委託
      郵便物の発送業務等、保有する個人情報の取り扱いを外部に委託することがあります。この場合、個人情報を適正に取り扱っていると認められる委託先を選定し、委託契約等において、個人情報の管理、秘密保持、再提供の禁止等、個人情報保護の万全を期します。
    • 公的機関から法的根拠をもって保有する個人情報の開示を求められた場合
      裁判所、警察署等の公的機関から法的根拠をもって開示を求められた場合には、本人の同意なしに個人情報を開示します。この場合、可能な限り、開示した事実を速やかに本人に通知することとします。
  6. 個人情報の本人への開示及び訂正等について
    JAHTAは、個人から自らの個人情報開示の申し出があったときには、できるだけ速やかにこれを本人に開示します。また、ご自身に関する登録個人情報の訂正、削除の申し出があったときは迅速に対応いたします。
  7. お問い合わせ
    会員ご自身の個人情報に関する問い合わせおよび取り扱いに関する要望については、お問い合せフォームにて受け付けております。 → お問い合せフォームはこちら

ページ上部に戻る