動物のおしごと

動物のおしごと 〜動物衛生看護師〜

動物専門の看護スタッフ

動物病院などで獣医師の指示のもと、手術や治療の補佐、診療介助、飼い主への指導などを担当します。動物の診断や治療の現場では、血液や寄生虫などの臨床検査も行います。
動物にやさしく声をかけ、体に触れて安心させて動物を落ち着かせ、体全体を観察し、変化を発見したらすぐに獣医師と連携をとります。また、動物の保育、栄養管理など動物のお母さんの役割を果たしたり、会計処理やカルテ管理などのマネジメントを担当したり、入院動物や高齢動物のグルーミングも行っています。
勤務先によっては、トレーニング(しつけや訓練)、アニマルセラピー(動物の力を借りて人間の治癒を行う)、飼い主や動物のカウンセリング等にも従事します。

なるには
  • 養成スクールで学ぶ
    「動物看護実習」「生物学実習」「解剖・生理学」など、動物の看護に必要な知識を学べ、実践に必要な技術も得ることができる。また資格取得に必要な知識も効率よく学べる。
  • 動物病院に就職し、実地で学ぶ
    現状では、養成スクールであらかじめ必要な知識を学んだ人の方が就職に有利な状況にある。
適 正
  • 動物好き
  • 冷静
  • 飼い主への配慮、コミュニケーション能力がある
  • 気配りができる
  • 地道な努力ができる
  • 体力がある
  • 看護を行うという仕事の性質上、弱っている動物に対して献身的に看護できる深い愛情が必要です。獣医師とともに徹夜で看護することもあるため、体力も求められます。
関連する資格
AHT
DGS/CGS
CDT
VT
 
 

ページ上部に戻る